頸部神経根パルス

肩関節の痛みでもまれにあるのが頸部神経根由来の痛みです。

肩の挙上などで痛みは出るが肩関節のアプローチで変化がない場合や各種徒手検査などで頸部の障害が考えられる場合アプローチをすると効果的な事が多いです。

また肩関節自体にも問題があり頸部神経根部にも問題がある事もあります。

重要な事は鑑別だと思っています。

※頸部神経根ぶに刺鍼する際は粗雑な手技は厳禁です。しっかりと施術の研鑽を行いましょう

  • 腹臥位で行います。若干屈曲位でおこなうとアプローチしやすいです。
  • 障害範囲で刺鍼の高さを決めます
  • 棘突起から横突起の位置を選定します
  • 棘突起から2cmほど外方より横突起を狙って刺鍼します
  • 横突起に当たったところで刺鍼転向法を行い1つ下の頸椎横突起を狙って刺入します
  • 横突起間に刺入しますので得気をえて留めます

頸部神経根パルスが参考になる書籍

関連記事

  1. 三角筋の前部線維の運動鍼

  2. むちうちの鍼治療の一例

  3. QLSを狙った腋窩神経刺鍼

  4. 後頭下筋群のトリガーポイント鍼治療

  5. 腰部の椎間関節への刺鍼法

  6. 上殿皮神経の鍼灸治療の一例

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。