胸椎部多裂筋のトリガーポイント

 

胸椎部の多裂筋は肩甲骨周囲や下角部などに関連痛領域を持つため臨床ではアプローチをすることも多いです。

回旋などにも作用しますが脊椎の安定性にも関与するため長期間同じ姿勢の方などにもトリガーポイントが形成されることも多いです。

 

※背部刺鍼のため刺鍼の方向に気を付けるとともに研鑽が重要です。

刺鍼法

  • 背部の棘突起を確認します
  • 棘突起の近傍を離すように押圧し関連痛を確認します
  • トリガーポイントを確認したら刺鍼に移ります
  • 棘突起を滑らすように刺鍼します
  • 最後椎体を滑らすように刺鍼します
  • 肩甲骨周囲に独特な響きがあります

関連記事

  1. 頸部神経根パルス

  2. 腹直筋のトリガーポイント鍼治療

  3. 大殿筋のトリガーポイント鍼治療

  4. 棘上靭帯、棘間靭帯への刺鍼

  5. 前斜角筋の刺鍼法

  6. 透刺法で長鍼を用いた背部の電気鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。