胸鎖乳突筋への伏臥位での刺鍼法

 

 

胸鎖乳突筋は上位交差性症候群を始めとする頸部の不定愁訴などには問題が起こりやすい筋肉です。

刺鍼する場合前方から刺鍼をすると不安感を与えてしまうケースもあります。

 

うまく刺鍼ができるようになれば非常に効果的になります。

刺鍼法

  • 伏臥位で行います。
  • 胸鎖乳突筋を把握します。
  • 掴み押手を行うので中指、薬師、小指で胸鎖乳突筋前縁をひっかけるように固定します。
  • 母指、示指で押手を作り中指、薬師、小指で摘まむようにします。
  • この時しっかり動かないように包むように把持します。
  • 刺鍼時は緩まないように気をつけます。
  • 刺鍼を深めていくときは中指、薬師、小指の指腹で鍼尖方向を確認します。

 

 

関連記事

  1. 巨骨からの棘上筋への刺鍼法

  2. 中斜角筋の刺鍼法

  3. 緊張型頭痛の鍼治療

  4. 棘上靭帯、棘間靭帯への刺鍼

  5. 眼精疲労の鍼灸治療の一例

  6. 透刺法で長鍼を用いた背部の電気鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。