ハムストリングの肉離れのリハビリ期の運動鍼

ハムストリングの肉離れはスプリント系の競技では多発するスポーツ障害です。

リハビリ期の初期目標は可動域の増大や筋の柔軟性の獲得だと思います。ハムストリングの肉離れで最も怖いのは再発です。

それを防ぐためにはしっかりとしたリハビリが重要です。

その一つのアプローチとしては運動鍼は有効なアプローチの一つだと思っています。

 

※運動鍼は非常に有効なアプローチですが折鍼のリスクはあります。使用する鍼は太いものを使う、筋の収縮時には刺入しないなどのリスク管理も重要です。

研鑽も重要なので必ず練習をして行いましょう。

刺鍼法

  • 仰臥位で膝関節伸展位で股関節屈曲や股関節屈曲から膝関節伸展を行いハムストリングの柔軟性をチェックします
  • 一番硬さや痛みがあるところを確認します
  • 少し筋の緊張がゆるんだ位置で刺鍼をして響きを得ます
  • 響きを得たら皮下まで鍼を引きます
  • この状態でもう一度、緊張が強くなる位置までハムストリングを伸ばします
  • ハムストリングが伸びている状態で刺入をして響かせます
  • この手技を何度か繰り返します。

 

関連記事

  1. 内側広筋の運動鍼

  2. 椎間関節部の運動鍼

  3. 三角筋の前部線維の運動鍼

  4. ハムストリング肉離れの回復期の電気鍼の設定

  5. 円回内筋の運動鍼

  6. 大腿部の打撲の鍼治療、ももかん、ももかつに対する

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。