椎間関節部の運動鍼

 

椎間関節はぎっくり腰のときもそうですが,慢性腰痛の場合でも問題になりやすい部位です。

刺鍼はいろんな腰痛な場合でも応用がききやすく施術のアプローチ法でも重要です。

 

しっかり刺鍼ができると効果が大きく変わります。

※運動鍼はリスクを伴うので安全に考慮して行うようにしてください。鍼体が筋肉中にある場合は折鍼のリスクは高いですよ。

 

刺鍼法

  • 椎間関節の位置を確認
  • 直刺で椎間関節を刺鍼
  • 得気が得るまで刺入する
  • 得気が得れたら皮下まで鍼を引き抜く
  • 腰の力を入れずに腰椎を伸展する
  • 可能な限り伸展したら鍼をもう一度刺入する
  • この位置で得気を得るまで刺入する
  • 場合によれば雀啄を繰り返す
  • この動作を繰り返す

 

こうすることにより腰椎の可動域が広がる。

急性腰痛、慢性腰痛のどちらにせよ可動域を広げることは非常に重要です。

 

この刺鍼の参考書籍

関連記事

  1. 凍結肩(五十肩)の運動鍼

  2. 仙腸関節部への刺鍼

  3. 腹直筋のトリガーポイント鍼治療

  4. 長腓骨筋の運動鍼

  5. 腰部棘上靭帯、棘間靭帯の電気鍼

  6. 椎間関節部への運動鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。