円回内筋の電気鍼

円回内筋は上腕骨の内側上顆から始まる筋肉で深層には正中神経が通り緊張が強くなることなどにより正中神経麻痺を起こす円回内筋症候群などの原因となります。

ピッチングやラケットスポーツのスマッシュなどの際指先の痺れや感覚障害などの原因になります。

起始部が内側上顆になるため内側上顆炎などの原因になるため刺鍼の頻度は多くあると思います。

 

※筋腹辺りにモーターポイントがある事が多いのでしっかりとした触診が重要です。刺鍼技術の研鑽もですが触診が刺鍼前の技術が重要です。前腕の筋肉は細いのでしっかりとし触察がとても繊細な技術になります。

刺鍼法

  • 肘関節屈曲、手関節掌屈位から前腕回内に力を入れてもらい抵抗を与えます。
  • この時に円回内筋が収縮するので筋のレリーフを確認します。
  • 筋のレリーフを確認したら起始部に近い所に刺鍼します
  • 次に筋腹付近に刺鍼します
  • 鍼通電の設定は動画にて説明を行っております。

関連記事

  1. 後頭下筋群の電気鍼

  2. 長腓骨筋の機能不全の電気鍼

  3. ハムストリング肉離れの回復期の電気鍼の設定

  4. 薄筋への電気鍼

  5. 長腓骨筋のEMS出力を使った電気鍼

  6. 円回内筋の運動鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。