巨骨からの棘上筋への刺鍼法

棘上筋は走行上肩関節障害では最も損傷しやすい筋肉とも言えます。

肩峰下を通る際肩関節挙上をすると間隙が狭小化しやすく摩擦などの外的ストレスにさらされやすいとされています。

そのため臨床では棘上筋はアプローチをする筋肉だと言えます。

※刺鍼は必ず練習を行って施術に入るようにしましょう。

刺鍼法

  • 鎖骨と肩甲骨の肩甲棘の合流部を確認します。
  • いわゆる巨骨穴の位置を確認します。
  • 巨骨穴から刺鍼をするとすぐ骨に当たる可能性があるため若干(指半横指ほど)ずらし刺鍼点とします。
  • 刺鍼点よりである上腕骨の大結節に向かって刺鍼をします。
  • 角度も大結節に向かうようにしましょう。
  • 当然ながら直刺にすると気胸のリスクがあるので刺鍼角度は重要になります。
  • 刺鍼を止めるポイントは肩峰下ぐらいで留まるように調整しましょう。

関連記事

  1. 透刺法で長鍼を用いた背部の電気鍼

  2. 前斜角筋の刺鍼法

  3. 簡単にできる散鍼法

  4. 眼精疲労の鍼灸治療の一例

  5. 緊張型頭痛の鍼治療

  6. 上殿皮神経の鍼灸治療の一例

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。