緊張型頭痛の鍼治療

筋緊張型の頭痛は有病率は20%ともいわれていて5人に1人いる計算になります。

実際鍼灸臨床では来院されることが多くアプローチをする事も多いと思います。ただ、肩こりなどの主症状がある方が多く頭痛の有無を訴えられない方もおられるので問診が重要です。

頭痛の中には危険なレッドフラッグの症状がありますので見逃しは危険になります。

※鍼灸臨床で大事な事はレッドフラッグを見逃さない事です。疾患名を当てる事よりレッドフラッグを見逃さないようにして専門機関に搬送できるようにしましょう。

 

【刺鍼法】

  • 側臥位で行います。
  • 後頭下筋群を狙い刺鍼をしていきます。
  • 側頭骨の乳様突起と下顎骨の下顎角を結んだ線の中点を確認
  • 中点よりやや後方に環椎の横突起を触診する
  • そこからの刺鍼をすると上頭斜筋になります
  • 上頭斜筋の刺鍼点より1.5cm内方の点が大後頭直筋になります
  • 側頭筋のトリガーポイントを狙って刺鍼をします
  • 咬筋のトリガーポイントを狙って刺鍼をします

筋緊張型頭痛にオススメな本

関連記事

  1. 頸部神経根パルス

  2. 後頭下筋群の上頭斜筋の刺鍼法

  3. 透刺法で長鍼を用いた背部の電気鍼

  4. 上殿皮神経の鍼灸治療の一例

  5. 中殿筋、小殿筋の鍼の打ち分け

  6. 緊張型頭痛の鍼治療

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。