腸腰筋刺鍼!仰臥位での刺鍼法

腸腰筋は股関節の痛みや腰痛にも関係するところになります。

臨床では問題になることも多いですがアプローチをするには研鑽が必要でうまく刺鍼ができると効果が大きく変わります。

この刺鍼法は股関節の前面から刺鍼するので刺鍼の際には配慮も大事な要件になります。

※粗雑な刺鍼は厳禁です。股関節前面は気を付けて刺鍼をしましょう。

刺鍼法

  • 鼠径靭帯を確認します
  • 縫工筋、長内転筋を確認しいわゆる大腿三角を確認します
  • 大腿三角の中に大腿動脈の拍動部を確認します
  • 大腿動脈の拍動部から縫工筋に指を滑らしていくと大腰筋に当たります
  • 大腰筋が確認できたら刺鍼をしていきます
  • このとき股関節前面ですの押手の位置も配慮を心がけましょう

腸腰筋刺鍼に参考になる書籍

関連記事

  1. 胸腰椎移行部多裂筋のトリガーポイント鍼治療

  2. 腹直筋のトリガーポイント鍼治療

  3. 椎間関節部への運動鍼

  4. エリピースを使ってみた

  5. ビギナー向け!痛くない鍼の刺入法のポイント

  6. 腰方形筋のトリガーポイント(座学)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。