大殿筋のトリガーポイント鍼治療

大殿筋のトリガーポイントは殿部周囲の痛みの原因になりやすい部位です。長時間座位で過ごす方に形成されやすいトリガーポイントです。

痛みの特徴は坐骨結節付近に放散痛を感じやすく、患側下肢を上にするような脚の組み方をして座っていることも多いです。

※刺鍼は必ず練習を行うようにしてください。

 

刺鍼法

  • 仙骨と腸骨の境の仙腸関節周囲を触察します
  • 好発部位は第2~3仙骨孔付近に索状の硬結が多くできやすいので筋線維を直角に切るように触ります
  • 硬結が触察して押圧すると関連痛領域に放散痛があるか確認する
  • 放散痛が確認できれば刺鍼します
  • 刺鍼は硬結に対してやや斜めに刺鍼します
  • 関連痛領域に響けばトリガーポイントに刺鍼で来たと思います

関連記事

  1. 腰部棘上靭帯、棘間靭帯の電気鍼

  2. 長腓骨筋のトリガーポイント鍼治療

  3. 腸腰筋刺鍼!仰臥位での刺鍼法

  4. 腰部の椎間関節への刺鍼法

  5. 大腰筋への刺鍼法

  6. 腰方形筋の電気鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。