中間広筋のトリガーポイント

中間広筋は大腿直筋の深層にある筋肉ですが問題になることも多く、足の痛みの原因になることもあります。

大腿部の打撲でうまく治癒をせず硬結が残ったままだとトリガーポイントが形成されていることもあります。

様々なケースで痛みが出ることもあるので鑑別が重要です。

関連痛領域は股関節前面から大腿部前面です。

※刺鍼をするときは必ず研鑽して刺鍼をしましょう

刺鍼法

  • 中間広筋は大腿直筋の深層にあるため少し深めに触察することを念頭に置きます
  • 膝関節伸展する際少し負荷をかけると関連痛領域に痛みがあるかを確認します
  • 触察をする際は大腿直筋を少しどかすように押し当てながら圧痛を確認します
  • 押圧したときに関連痛領域に放散痛があればトリガーポイントと判断します
  • 刺鍼する際も大腿直筋を少しずらすように把握し刺鍼します

関連記事

  1. 大腿筋膜張筋の電気鍼

  2. 中殿筋、小殿筋の鍼の打ち分け

  3. 前鋸筋のトリガーポイント

  4. 前脛骨筋のトリガーポイント鍼治療

  5. 腰方形筋のトリガーポイント(座学)

  6. 仙腸関節部への刺鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。