円回内筋のトリガーポイント鍼治療

円回内筋のトリガーポイントは重たい荷物を持つ動作が多い方やピッチングなどの投げる動作などを繰り返す方などにトリガーポイントが形成されやすいです。

簡単に言うと負担を掛けながら肘関節の屈曲、回内を繰り返す動作を繰り返す人です。

トリガーポイントが形成される好発部位は肘関節前面の横紋線中央辺りから筋腹辺りまでにできやすいです。

関連痛領域は前腕前面の中央辺りから手首の橈側で、一番痛みが強くでるのは手首の橈側です。

 

※場所によっては正中神経に当たるケースもありますので粗雑な手技は禁止です。局所性単収縮を起こす事もありますので刺鍼前に一言伝えておくのも大事な事になります。

 

刺鍼法

  • 肘関節屈曲、手関節掌屈位から前腕回内に力を入れてもらい抵抗を与えます。
  • この時に円回内筋が収縮するので筋のレリーフを確認します。
  • 筋のレリーフを確認したら圧痛を探します
  • 圧痛が確認出来たら軽く押圧をして関連痛領域に放散痛があるか確認します。
  • 確認できたら刺鍼します。

 

関連記事

  1. 腹直筋のトリガーポイント鍼治療

  2. 後頭下筋群のトリガーポイント鍼治療

  3. 大殿筋のトリガーポイント鍼治療

  4. 腰方形筋のトリガーポイント(座学)

  5. 広背筋のトリガーポイント鍼治療

  6. 前鋸筋のトリガーポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。