内側広筋の電気鍼

内側広筋は様々な膝関節疾患に関係するといわれいます。

変形性膝関節症(膝OA)などの場合内側広筋が萎縮していることも多く、リハビリが症状改善が重要なカギになってきます。

しかし、委縮している方にとって筋肉を動かすのがとても難しくなっている方が多いのも現実です。

膝でいうと内側広筋が委縮している方だと膝の伸展運動をしてもらうと外側広筋が優位に動き内側広筋が上手く動いていないという方が多くなってきます」。

ですので電気鍼(ピコリナ使用)で筋の促通をはかり運動してもらうと力が入りやすくなります。

※膝の臨床ではカギになる部分です。刺鍼の研鑽も重要ですが内側広筋のトレーニング法も知っておくのが重要になります。

刺鍼法

  • 仰臥位で刺鍼をします
  • 内側広筋のレリーフを確認します
  • 内側広筋のモーターポイントは筋腹付近にあることが多いので筋腹に刺鍼します
  • モジュレーションモードで通電します(設定は動画内で解説しています)
  • アルントシュルツの法則にしたがい出力を感じる程度で通電します

関連記事

  1. 短橈側手根伸筋の電気鍼

  2. 大胸筋鎖骨部の電気鍼

  3. 円回内筋の電気鍼

  4. 大腿二頭筋の電気鍼

  5. 小胸筋の電気鍼(側臥位)

  6. 内側広筋の運動鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。