薄筋への電気鍼

鵞足部の痛みはスポーツ現場だけではなく、意外と一般の方の膝OA(変形性膝関節症)などの場合にも診られます。

伏在神経の問題や鵞足滑液包の炎症なども問題になります。

その中で薄筋は付着部付近では受容器も多いと報告もあり問題になる事も多い筋肉です。

内側の膝の痛みには鑑別が必要な筋肉です。

※筋肉刺鍼する際重要なのは触察がしっかりできる事と刺鍼時に深さをイメージができる事になります。

刺鍼法

  • 仰臥位で刺鍼をしていきます
  • 薄筋を触る際、股関節最大外転位、軽度伸展位、膝軽度屈曲位で鵞足部を覆うように後方に指をあてます
  • その状態で膝関節を伸展させます
  • 薄筋が緊張してくるのが触知出来ます
  • この時に痛みがあれば薄筋由来の鵞足炎などを疑います
  • 薄筋を確認出来たら刺鍼をします
  • 電気鍼の設定は動画内で説明をしております

関連記事

  1. 中間広筋の電気鍼

  2. 長腓骨筋のEMS出力を使った電気鍼

  3. 円回内筋の電気鍼

  4. 後頭下筋群の電気鍼

  5. 大腿部の打撲の鍼治療

  6. 長腓骨筋の機能不全の電気鍼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。